人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

全国各地の台風被害を教訓に、前橋市の防災対策の充実を!

記録的豪雨による河川の氾濫・洪水は前橋でも発生しかねない


10月12日に静岡県に上陸し13日にかけて関東・東北を縦断した大型台風19号は、首都圏をはじめ長野・新潟・福島・宮城・栃木県など広範な地域で、河川堤防の決壊による氾濫や土砂崩れ、住宅の浸水などで70人を超える犠牲者を出す大災害になりました。

千曲川(長野)、阿武隈川(福島・宮城)、阿賀野川(新潟)など多くの河川で堤防が決壊・溢水し、広範囲に住宅が浸水し、ヘリコプターやボートでの救助活動が行われました。川越市では250人が入所する特別養護老人ホームが洪水で孤立しました。

全国各地の台風被害を教訓に、前橋市の防災対策の充実を!_e0260114_17082802.jpg
 (写真は長野市の千曲川の決壊カ所)

 県内では、富岡市や藤岡市、嬬恋村で土砂崩れが起きて犠牲者が出るとともに、太田市の石田川が氾濫し浸水被害などが発生しました。また、前橋市内を流れる利根川も12日の夜には氾濫危険水位を超えたために避難勧告が出され、市役所・支所・公民館などの自主避難所や小・中学校体育館など16カ所の指定避難所に約920人が避難し、そのうち約120人が不安な一夜を過ごしました。

市内の被害は公的施設の雨漏り、道路への土砂流出や倒木、利根川の河川敷の緑地や駐車場、前橋公園の一部の冠水被害にとどまり、幸い人的・住宅被害は発生しませんでした。

ダム建設より河川の堤防改修を優先に

いま地球温暖化による異常気象が進み、台風の勢力も以前より相当強まり、想定を超えた暴風雨や河川水位の上昇が記録されています。千葉県に大きな被害を出した先月の台風15号や今回の台風19号のように、全国どこでも災害が発生しても不思議ではない状況です。

国はいま、巨額の税金を投入して八ッ場ダムのような巨大ダムを建設していますが、今回のような集中豪時には貯水能力が発揮できずダム本体の崩壊を避けるために緊急放流を余儀なくされ、かえってダムの下流地域に洪水被害を招く危険があり、治水機能を果たすことができません。

日本共産党は、国会でも地方議会でも「いま必要なのは治水・利水効果が期待できないダム建設ではなく、河川堤防のかさ上げや補強などの決壊防止工事を優先的に進めるべき。ゼネコンが受注するダムと違い、地元の中小建設業者の仕事起こしにも役立つ」と主張し続けています。 


前橋市でも洪水危険水位を超えたため約10万人に避難勧告を発令


今回の台風では、利根川の水位が氾濫危険水位を超えたため、12日の午後8時に市の災害対策本部から、利根川周辺の浸水危険地域約4万4千世帯、約10万人に避難勧告が出されました。
 南橘地区では荒牧町・上小出町・下小出町・田口町・関根町・川原町の全域、敷島地区や岩神地区全域から南は下川渕地区全域が対象になりました。防災無線や防災ラジオ、スマフォの緊急メールで「利根川周辺にお住まいの方は速やかに避難行動をとってください」と呼びかけられました。
 しかし、対策本部の避難呼びかけを認識できた市民がどの程度であったかは、市当局も把握できていません。
避難勧告を知らないまま朝を迎えた市民が少なくなかったと思います。また、避難勧告を知っても、大雨の中どこの避難所にどのように避難してよいのかわからず、自宅に待機した方もいました。幸いにも長野市の千曲川のような大規模な決壊がなかったため逃げ遅れて命の危険にされるさらされる大事には至りませんでしたが、広報車を出すなど、差し迫っている危険を市民に迅速かつ正確に知らせる情報連絡態勢を日常的に確立しておくことが必要だと思います。


今回の避難勧告や避難所等について、多くの意見要望が党市議団に寄せられました


全国各地の台風被害を教訓に、前橋市の防災対策の充実を!_e0260114_17142412.jpg

 また、今回の台風についての前橋市の対応に関して、市民から多くの意見や要望が党市議団に寄せられました。たとえば、「自主避難所には水・食糧や毛布などの支給が一切ないのはおかしい」「家族の一員になっている犬や猫のペットを伴う避難はできないのか」「避難所の体育館のトイレが和式だけで使えず、特別に校舎の洋式トイレを使わせてもらった」「指定された避難所が遠いので地元自治会の公民館に避難した。深夜、雨の中を高齢者は避難所まで歩いて行けない」「粕川支所の避難所は隣接する粕川の濁流の音が恐ろしくて、老人福祉センターに急きょ移動した」「洪水の危険が迫っている時には指定避難所になっていないが、小・中学校校舎への一時的な避難はできないのか」などです。

 今回、市が発令した避難勧告を市民がどのように受け止め、行動したかなどを急いで調査し、情報伝達方法の改善検討が必要です。また避難所の指定の見直しやトイレの改修、高齢者などの避難所への送迎なども検討し、今後の災害に備えるように市にように強く求めます。




by hasegawakaoru | 2019-10-26 17:02 | 市議会活動報告