人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

4人の共産党市議団の確保で野党連合政権の土台作りを

4人の共産党市議団の確保で野党連合政権の土台作りを_e0260114_20290985.jpg
安倍政治の継承を許すな

衆議院選挙と前橋市議選挙が迫ってきました。現在の政局はいつ解散・総選挙が行われてもおかしくない情勢です。前橋市議選は、1月31日告示、2月7日投票と決まりました。

日本共産党は、市民と野党の共闘を前進させて、菅自民・公明政権に代わる野党連合政権の実現をめざして全力を尽くします。

また、前橋市議選挙では、4人の共産党市議団を確保するために、ご支援をよろしくお願いします。

驚くほど無責任な菅政権

安倍首相の退陣を受けて就任した菅首相はこれまでの安倍政治のすべてを引き継ぐと言っています。コロナで経済がいっそう悪化し、国民が廃業や失業で生活苦に陥っているのに具体的な対策を示そうとしていないことは本当に無責任です。

7年8カ月の安倍前政権は、憲法を壊して戦争法を強行し平和を脅かしました。消費税を2回も引き上げて経済を悪化させ、格差と貧困を拡大しました。

今も続く新型コロナ対策でも、時期外れの布マスクの配布や感染を全国に広げるゴーツトラベルキャンペーンを強行しましたが、PCR検査の抜本的強化などの有効な感染防止対策を示さず混迷を続けています。
 国政を私物化し、嘘とごまかしに終始しているモリ・カケ・桜の問題では説明責任を一切果たそうとしていません。こんな安倍前政権を官房長官として支えていた菅首相が何の反省も、見直しもしないまま、これまでの政治を続けることは絶対に許してはなりません。

しかも、菅首相は、目指す社会は「自助・共助・公助」の社会と強調し、国に頼らず国民に自己責任を果たせと言っています。経済効率最優先で、医療、介護、年金など、社会保障を次々と切り捨てて、企業の目先のもうけを追求する新自由主義の立場です。国民の暮らしを守る政治責任を放棄する政治に、私達の未来を託すことはできません。

市民と野党の共闘をもっと前に進めよう

いま新自由主義のもたらす害悪が、新型コロナの危機で明らかになりました。政府が保健所や医師や病院のベッドを次々と減らし続けたために、感染症対策が弱まり、病院では重症患者の命を救えない深刻な事態が広がりました。

 日本共産党は、自公政権が進めてきた弱肉強食の新自由主義を終わらせ、すべての国民が互いに支えあう希望ある社会の実現をめざします。

そして、市民と野党の共闘をさらに前進させて、あらゆる面で行き詰まった自公政権を倒し、新しい野党連合政権を作るために全力を尽くします。どうぞ、財界中心・アメリカ言いなりという日本の政治の二つのゆがみを正し、国民が主人公の日本を作るために、国政でも地方政治でも日本共産党を躍進させてください。


開発を優先し国の悪政に追随する市政と市議会の転換を!

今回の市議選挙は、増税や社会保障切り捨てを進める政府の悪政に何でも追随し、大規模な開発事業を優先し、市民の暮らし応援を後回しにする市政や市議会を変える選挙です。

いま前橋市当局は、財政難を理由に、多くの市民が利用している前橋テルサや富士見温泉見晴らしの湯、あいのやまの湯、粕川温泉元気ランドなどを民間に譲渡しようとしています。

その一方で、日赤跡地のまちづくり事業やJR前橋駅北口の県庁舎に次ぐ高層27階建ての2百戸の分譲マンション建設、千代田町中心拠点地区の再開発事業、県内最大規模7㌶の新『道の駅』などの大型事業に百億円を大きく超える多額の市民の税金を投入しようとしています。  

共産党市議団は、「開発優先をやめて、コロナ感染防止対策の充実、高すぎる国保税や介護保険料の引き下げ、小中学校の学校給食費の無料化、市営住宅の大規模改修、800人が入所を待たされている不足する特養ホームの増設、そして高齢者などの交通弱者支援の公共交通の充実など市民の切実な要望を最優先する市政に転換すべき」と主張し続けています。

ご支援をよろしくお願いします。


by hasegawakaoru | 2020-10-09 20:29 | 選挙