人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

コロナ感染防止対策を私に託してください!

コロナ感染防止対策を私に託してください!_e0260114_21420826.jpg
 前橋市内のコロナ感染者が500人を大きく超えて増え続けています。コロナ対策を市政の緊急・最優先課題に位置付けて、市民の命と暮らしを守ります。そのためにも何としても今回の市議選挙に勝ち抜くために全力を挙げています。ご支援を拡げていただきますよう、お願いします。
  山本市長にコロナ感染対策について緊急申し入れ

 市内の感染者が500人を超えて増え続けている中、共産党市議団は25日、前橋市のコロナ対策の強化を求めて、山本市長に緊急の申し入れを行いました。要請項目は以下の通りです。

【PCR検査の強化】

■PCR検査の対象を広げ、無症状者も含め、検査を希望する市民が広く行政検査(無料)を受けられるよう体制を強化する。

■医療、福祉、保育、教育などの分野で、集団感染リスクの高い施設職員や利用者などへの定期的な検査を実施する。

■「感染震源地」とみられる地域については、住民・在勤者全体を対象に大規模な網羅的な検査を実施する。

■政府に対して、明確な検査戦略を持ち、検査費用の全額を負担するよう求める。

前橋保健所に、十分な人員を確保し、感染防止対策を強化する。

【医療体制の強化】

■コロナ対応医療機関の空床確保料の支給を迅速化するよう、県に求める。

■コロナ対応であるなしにかかわらず広がっている医療機関の減収を、直接補てんする制度を創設するよう、政府に強く求める。

■医療機関の実情に応じて、本市独自の財政支援制度を新たに設ける。

■病院や福祉施設に、マスクや消毒液など感染防御資材をさらに迅速に供給する。

■コロナ陽性者で入院していない人(ホテル・自宅療養者)に対して、重症化の発見が遅れないように、パルスオキシメーターを配備して測定を行う。

■すべての医療従事者に緊急に特別手当を支給するよう、政府に要請する。

■地域医療の拠点の役割を果たしている済生会前橋病院の統廃合計画を撤回し、存続するよう国に求める。

【生活支援と営業の補償】

■事業者への自粛要請は補償とセットで行う。

■事業者の消毒・除菌対応等の安全対策、テレワーク、テイクアウト、デリバリー等のとりくみの経費に対して支援を行う。

■持続化給付金、家賃支援金について、第二弾を実施するよう政府に要請する。

今年2月末までとなっている雇用調整助成金のコロナ特例の縮小と休業支援金の打ち切り期限を撤回し、感染収束まで継続し、対象を中堅企業や大手チェーン店などの労働者にも拡大するよう政府に求める。

■休業支援金制度を市内全労働者に周知するよう、市として特別の手立てをとる。

GoTo事業に代わる宿泊・観光業への直接支援制度をただちにつくるよう、政府に要請する。

■生活困窮者・低所得者に新たな給付金制度をつくるよう、政府に要請する。

■消費税をただちに5%に減税するよう、政府に要請する。


「共産党の要請に沿って全力を上げたい」・・・山本市長

 

 山本市長は「感染経路が分からない感染者が増えているので、党市議団の要請の通り網羅的なPCR検査が必要と思う。患者の急増に備えて、医療提供体制の拡充も進めたい」と前向きな対策検討を表明しました。


by hasegawakaoru | 2021-01-26 21:42 | 選挙