人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

コロナ感染防止対策を市政の最優先課題に!

ワクチン接種とPCR検査の拡充強化を同時並行で


コロナ感染防止対策を市政の最優先課題に!_e0260114_20134650.png


党市議団は2月22日、前橋保健所の吉野保健予防課長と現状のコロナ対策について懇談しました。


■前橋市の感染状況と対策は?は、

▼答弁~現在の感染者は640人。入院中14人、入院調整中3人、宿泊療養中9人、退院608人、死亡5人。人の移動や会食の機会の多い年末年始は感染者が増えた。高齢者施設などでの集団感染があり、濃厚接触者などを追跡してきた。1月は1か月でこれまでの最高の256人の感染があったが、現在は1日の感染者は一ケタに減ってきた。


■PCR検査の実施状況は?

▼答弁~検査は3種類で①発症者がかかりつけの病院で医師の判断で受ける治療目的の検査(無料・保険適用で自公負担分は公費負担)②濃厚接触者など保健所が指示して受けさせる行政検査(全額公費負担)③個人や企業が自己の都合で受ける自主検査(全額自己負担2万円~4万円)全体の実施件数は掌握していない。


■感染源となっている地域での面的検査や高齢者施設などの定期的な社会的検査をすべきではないか?

▼答弁~学校や施設などで感染患者が確認された場合は、濃厚接触者に限定せず職員や入所者全体の検査を実施してきた。今後も必要に応じた社会的検査を実施する。


■医療機関への財政支援は?

▼答弁~国の交付金で群馬県が医療従事者への慰労金と感染防止施設補助金が支出されているが、どの程度届いているかは把握していない。減収補填など経営支援は行われていない。


■保健所の職員体制の強化は?

▼答弁~市職員の配置転換で体制を強化した。新年度は保健師の増員を予定している。


■ワクチン接種方針は?

▼答弁~ワクチンの確保ができれば集団接種(公共施設)と個別接種(かかりつけの病院など)の併用を予定しており、現在、医師会と相談している。医療従事者の接種を優先し、4月頃から65歳以上の高齢者約10万人、基礎疾のある人や施設職員も優先摂取し、最後に一般の市民を対象とする。すべて予約制として2回接種。今年中に希望者全員の完了をめざす。これによって感染拡大を止められるか。通常のインフルエンザ程度の流行になるかなど、効果はわからない。

感染者が減少傾向の今こそPCR検査拡充で感染の抑え込みを

今、全国的に新規感染者数の減少に伴って、検査件数も減少しているのが大きな問題です。検査能力が高まっている今こそ、無症状感染者を含めた検査の抜本的拡充や医療機関への減収補填、営業時間を短縮した飲食店などへの十分な補償など、感染症対策の基本的な取り組みを前橋市もワクチン接種と同時並行でしっかり行うことが重要です。


by hasegawakaoru | 2021-02-28 20:03 | 市議会活動報告