人気ブログランキング |

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 68歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru
e0260114_13325474.jpg


なぜ地震体験車の利用を有料にするのか

 前橋市は、地震に備える市民意識を高めるために、3,800万円で地震体験車を購入し、地域や事業所の自主防災会や小中学校の防災教育などで活用を開始します。車両の保守管理や運転や起震装置の操作は、消防局退職者の防災アドバイザーが担当します。ところが、4月18日に開催された総務常任委員会で市当局は、「燃料費は派遣を受ける団体の実費として1時間千円から2千円の負担を求める」と説明しました。
 私は「なぜ有料化か。いつ起こるかわからない地震に備えて東日本・熊本・神戸地震などの揺れの実体験を通じて、建物やブロック塀などの耐震化を促進し、地震発生時の身の守り方を学ぶ事業。当然無料で提供すべき」と強調し、有料化方針の撤回を求めました。
 根岸総務部長は「発言の趣旨は分かったので、できるだけ早く再検討する」と表明しました。

e0260114_13303772.jpg

# by hasegawakaoru | 2019-04-23 13:33 | 市議会活動報告
e0260114_12525323.jpg

 
 共産党前橋市は、車券売り上げが減り続けているグリーンドームの前橋競輪場の運営を現在の直営をやめて、営利企業など民間に委託する検討を進めています。すでに昨年9月からグリーンドーム前橋等運営検討委員会を立ち上げ、3月27日に「会議室などの貸館事業は当面直営を維持するが、競輪事業は民間のノウハウを活用した委託事業にスムーズに移行すべき」という提案を受けています。
 共産党市議団は、「競輪はもともと賭け事・ギャンブルであるが、地方自治体が運営している事から公益性が維持され、売上金の一部(年間1~2億円程度)が市の一般会計に繰り出され、過度な射幸心をあおる事業が抑制されてきた。今、パチンコなどギャンブル依存症による家庭崩壊が深刻な社会問題になっている中で、売り上げを増やすノウハウを持つ民間に事業を安易に任せるべきではない。車券売り上げが減少しているのは、競輪ファンの高齢化と、年金減額や消費税増税や医療や介護の負担増などで生活困窮が進み競輪場に足を運べないから。車券売り上げを増やして建設から29年になる老朽化したグリーンドームを修繕しようとするのは本末転倒だ。市民参加で競輪事業の存廃を考えるべきであり、民営化推進はやめるべき」と主張しています。

e0260114_1317528.jpg

# by hasegawakaoru | 2019-04-23 13:18 | 市議会活動報告
e0260114_12451776.jpg


 酒井宏明県議の再選を喜ぶ暇もなく、すぐに統一地方選挙の後半戦の支援に富岡市の選対に通った。候補者は共産党の63歳の新人・田村浩寿さんで、39年間、高校教師生活を送り、去年の4月に退職した教育者。笑顔を絶やさない誠実な方で、労組活動とともに、二度と教え子を戦場に送らないと決意し、憲法9条を守る平和運動も続けてきた魅力的な候補者。
 世界遺産の富岡製糸場の塀のすぐわきにある選挙事務所に元教師や教え子などが支援に駆けつけ、市内全域で政策ビラを配布し、宣伝カーやハンドマイクで支持を訴え続けた。桜や花桃などが満開で新緑の美しい季節の中、田村候補には、多くの市民から温かい激励が寄せられた。 
 ウソと忖度の政治や消費税増税や憲法9条改定など暮らしや平和を壊す安倍自・公政治に審判を下そう!学校給食費の無料化や国保税の引き下げ、特養老人ホームの増設など子どものお年寄りも安心して暮らせる市政を!など候補者を先頭にした訴えに共感が広がり、1109票を獲得。19人中9位で当選した。7月の参院選と知事選でもご支援をお寄せ下さい。
# by hasegawakaoru | 2019-04-23 12:45 | 選挙
e0260114_12383399.jpg


共産党候補が激戦を全力で闘い抜きました

 21日の投開票で行われた県内の市町村議議選挙で、日本共産党の候補者は多くの有権者の支持を得て激戦を勝ち抜きました。各候補者へのご支援に感謝いたします。
草津町では、47歳の有坂太宏氏が移住立候補し、前回失った議席を回復し、中之条町では40歳の山田みどり氏が初当選。定数18の藤岡市では、36歳の中沢秀平氏が2008票を獲得しトップ当選しました。
一方、定数38に対し51人が立候補した高崎市では、立候補した3人の現職党候補のうち2期目をめざした田村おさむ氏が90票余り足りず落選。中之条町では3票差で現職の福田あい子氏が涙をのみました。日住民の命綱である共産党の大切な現職議席を2名失ったことは大変残念ですが、捲土重来を期すとともに、消費税増税を中止させ、憲法9条を守り、国保税の引き下げや学校給食の無料化などの暮らしを守る公約の実現をめざして全力を挙げます。

7月の参議院選挙と知事選でのご支援を

 参院選と知事選が迫っています。日本共産党は比例代表で850万票を獲得し、梅村さえこ元衆議院議員など7名の必勝と選挙区での躍進をめざします。沖縄衆院3区補選の『オール沖縄』の屋良候補の勝利や大阪12区の宮本候補の奮闘を教訓に、市民と野党の本気の共闘を進め共産党の躍進をめざします。
 同時に行われる群馬知事選挙では、元教員の石田清人氏の勝利をめざします。「アメリカや大企業応援の安倍政権を変えてほしい」と願う多くの皆さんのご期待に応えるためにも全力で頑張ります。ご支援をよろしくお願いします。そのためにも党員や赤旗読者など党の自力を強めるための党勢拡大の運動にお力をお貸しください。
# by hasegawakaoru | 2019-04-23 12:38 | 市議会活動報告
e0260114_17254132.jpg


平和と暮らしを壊す安倍暴走政治ストップの審判下される

 皆さん、今回の県議選挙では酒井宏明県議への大きなご支援をいただきまして大変ありがとうございました。二人はみだしの激戦の中で、一万四十六票を獲得し、前回と同じく6位で当選を果たすことができました。(下の選挙結果参照)
 激戦を勝ち抜いた酒井県議は、当選を祝福する支持者としっかり握手を交わし、「安倍自・公政権の憲法9条を投げ捨て戦争する国づくりを進める危険な政治や消費税の10%増税や社会保障制度の改悪などの弱い者いじめを許さないという有権者の皆さんの審判が示されました。大規模開発優先で福祉や暮らし後回しの県政を変えるためにも全力をあげます。国保税や介護保険料の引き下げや特養老人ホームの増設、学校給食の無料化や30人学級の実現、高齢者など交通弱者支援のマイタクやマイバスの運行拡充など、選挙中に掲げた公約の実現をめざして皆さんとともに頑張ります」と決意表明しました。
 県内では県議会での共産党3議席獲得をめざして立候補した伊勢崎市区の長谷田直之候補は次点にとどまりましたが、高崎市区の伊藤祐司県議は8位で当選し、共産党県議団の2議席を確保しました。
 今回選挙が行われた41の道府県議会で日本共産党は99議席を確保し、17の政令指定都市の市議会議員選挙では115議席を確保しました。全国的には、日本共産党は前回に比べて議席を減らしましたが、日本共産党を熱く応援し支えていただいた支持者の皆さんに心から感謝いたします。
 私も市議会活動とともに、酒井県議の再選のために支持を広げ、政策ビラの作成や党支部や後援会員の方々と街頭宣伝に立つなどの選挙活動に追われる日々を過ごしました。
 その中で多くの市民の方から、「戦争だけは二度と繰り返えさないように憲法9条を守ってほしい」「消費税を増税して庶民を苦しめる悪代官のような政治はやめさせてほしい」「児童虐待をなくして子どもを大切にしてほしい」「少ない年金をこれ以上減らさないで」など多くの方から安倍暴走政治への怒りの声が寄せられ、酒井候補への期待の声が広がりました。
 後半戦は14日告示・21日投票の市町村議員選挙ですね。。党候補者当選のためにお知り合いに支持を広げてください。また、7月の参議院選挙や県知事選挙でも、どうぞ、日本共産党と共産党が推薦支持する候補者へのご支援をお願いします。

2019年4月7日投票・県議選挙結果 
【当日有権者・276,522人 投票率・39.04%(前回42.13%)有効投票数・104,591票)

順 位候補者  党派等  得 票 数    得票率  
1 当岩上 憲司 自現⑤ 17,481   16.71  
2 当小川 晶  無現③ 16,211   15.50 
3 当狩野 浩志 自現⑤ 14,070   13.45
4 当水野 俊雄 公現④ 13,580    12.98
5 当中沢 丈一 自現⑧ 12,644    12.09
6 当酒井 宏明 共現③ 10,046    9.61   
7 当本郷 孝明 無新②  9,752   9.32   
8 当安孫子 哲 自現③  8,958   8.56  
9 落清水 澄   無新  2,155   2.06
10 落大畠 聡  無新   1,377   1.32

 
# by hasegawakaoru | 2019-04-09 17:42 | 選挙