日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 68歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

カテゴリ:近況報告( 134 )

e0260114_17553712.jpg
 
 
 南橘公民館の建て替え工事が始まっている。ホールの東側に新しい本館建物が来年完成し、図書館への連絡通路ができるので、これまで階段でなければ2階の図書館に行けずに、高齢者は大変だったあが、今度はエレベーターも使えるようになる。多目的トイレも授乳室もできるので障害者も若い方も安心して使えるようになる。「駐車場が不便。対策を」との住民要望があったので、正規の常任委委員会で、当局に対応策求めた結果、工事中の代替え駐車場も、北側の雑草が生えた荒れ地の民有地だけでなく、隣接する南橘中学校の第2グラウンド駐車場の相互利用と、すぐ前の現在解体中の南橘市営住宅跡地を整地して、11月頃から暫定的に利用できることになった。
 要望しなければ住民要望に機敏に答えない、公民館職員や市の生涯学習課の対応は問題だと思う。常に、最善の住民サービスを提供するという姿勢が必要だと思う。
 今年は残念ながら建て替え工事のために恒例の南橘地区文化祭は中止になったが、町別の敬老会は公民館で10月1日から5日間開催される。各町内の踊りやコーラスなどがにぎやかに発表されると思う。今年も開会式に参加して、大勢の元気な高齢者の皆さんとお会いできることを楽しみにしている。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-09-15 17:55 | 近況報告
e0260114_19121332.jpg
 

 お盆の入りの13日、川場村の道の駅・「田園プラザ」に行ってきた。年間集客100万人を超える施設にどのような魅力があるのか、つぶさに見て体験したいと思ったからだ。
 沼田インターのすぐ北から川場村方面に入り、15分走ると突然、農村地区に駐車場に囲まれた観光施設が出現した。農産物の直売施設を中心に、地元農畜産物を食材にした和・洋・中などのレストランが個別の建物で営業している。家族やペット連れで賑わい、どこも、お客さんが順番待ちの盛況だった。レストランで食事をしたが、価格は若干高めだが、ニジマスの刺身やフライ、地元野菜などが盛りだくさんで、充分満足できた。川場村では農家の9割以上の方が田園プラザへの農産物供給に参加し農業振興と観光を結び付けて成功している。
 5㌶の田園プラザよりさらに広い面積で、事業費は100億円以上もかける7㌶の前橋市の新道の駅計画は、市民参加でより慎重な検討をしなければ、田園プラザのような集客は期待できないのではないか。山本市長は「4カ所目の道の駅は、前橋のショウウインドウにして、訪れたお客さんを市内の観光施設に回遊してもらう。赤城山観光の拠点にもしたい」と述べているが、そうであるならば民間事業者に計画を事実上丸投げしないで、農業・商業・観光事業者なのと真剣な計画の練り上げが必要なのではないか。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-08-21 19:12 | 近況報告
e0260114_2102919.jpg
 

 猛暑の中で、地元の各町内の納涼祭が開催された。会場は公園や神社の境内など様々。焼きまんじゅうや焼き鳥、焼きそばなどの模擬店や子どもたちのために花火や輪投げや懐かしい射的などもあった。カラオケ、八木節、フラダンス、盆踊りやだんべい踊り。参加者全員が楽しめる福引もあった。
 今年は、酒井宏明県議とともに、南橘・荒牧・下小出、上細井・関根・川原・上小出町に酒井宏明県議とともにお祝いに駆け付けた。
 会場では貴重な時間をお借りして、自治会長さんの紹介で一言マイクでご挨拶させて頂いた。
 「介護保険料の引き下げや学校給食の無料化を実現して、高齢者も子育て世代の若い方も、安心して暮らせる政治の実現をめざしたい。夏は戦争と平和について語り合う季節。悲惨な戦争のない平和な日本をともにめざそう。ご支援を」と訴えた。
 模擬店で奮闘されている方や親睦を深めて訪れた方など、多くの参加者から日本共産党への激励が寄せられた。

e0260114_2183315.jpg

[PR]
by hasegawakaoru | 2018-08-07 21:09 | 近況報告
 
e0260114_14562458.jpg

 
 健康な生活をしていた方が思いもよらずガンになって、闘病されている方が私の知人にも少なくない。家族も苦しんでおられる。二人に一人がガンになると言われる時代なので、誰もが他人事ではない。
 だからこそ、ガンになっても完治できる治療方法の確立は急務だ。そのためにも、国はもっと大学等の医学研究の予算を増やすべきだ。
 いま防衛省は、北朝鮮のミサイルを撃ち落とすためのイージス・アショアという迎撃システムを秋田と萩に設置しようとしている。その費用は6000億円もかかる。米朝首脳会談が行われ、朝鮮半島の非核化と平和的対話が進む中で過大な攻撃的戦力は必要ない。
 国民の命を守るなら、ガン研究費に回して、1日も早くガン撲滅宣言をして欲しい。『軍事費減らして医療や福祉に予算を回せ』と国に声をあげよう!
 
 
 
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-07-30 14:57 | 近況報告
e0260114_17362532.jpg


 7月15日に日本共産党は党創立96周年を迎えました。戦前、『天皇陛下のためには命を投げ捨てることが最高の美徳』とされていた時代でも、中国などへの侵略戦争に断固反対し、過酷な弾圧を受けました。
 戦後も、60年代に旧ソ連や中国の共産党から『自分達の言いなりになれ』と激しい干渉を受けましたが、自主独立を貫きました。
 80年代は当時の社会党と公明党が『日本共産党を除く』と合意して、政界から共産党を締めだすキャンペーンを広げ、90年代には『二大政党の選択』が大宣伝されました。
 多くの困難を乗り越え、今、市民と野党の共闘という新しい時代を切り開いてきました。ブレずに頑張る日本共産党の存在が輝いています。
 どうぞ、来年の参議院選挙と統一地方選挙では、日本共産党へのご支援をよろしくお願いいたします。

e0260114_1744281.jpg

[PR]
by hasegawakaoru | 2018-07-18 17:45 | 近況報告
e0260114_16443036.jpg


 西日本を中心とした記録的豪雨により、各地で土砂崩れや河川の増水・氾濫が相次ぎ200人を超える多数の死者や安否不明者をはじめ膨大な被害が発生した。
 今回は幸いに前橋市では被害がなかったが、地球温暖化の影響は日本全体に影響を及ぼしているので、赤城山麓に今回のような集中豪雨があれば、同じような災害が起こりかねない。  
 前橋市の洪水想定では南橘公民館(1㍍)や荒牧小学校(2.8㍍)も浸水地域となっている。昭和22年のカスリン台風では富士見や南橘地区でも多くの犠牲者が出た。新しい道路等の整備も必要だが、富士見から流れる大堰川や細ヶ沢川が注ぎ込む桃ノ木川や赤城白川の護岸整備や水防対策も重視すべきだ。群馬県や市当局に強く要求したい。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-07-11 16:44 | 近況報告
 
e0260114_21373688.jpg


 森友・加計学園に安倍首相が特別の計らいをしたことは、国会質疑や公文書で今や明らか。それでも安倍首相は、責任を財務省や文科省官僚に転嫁して涼しい顔をしている。何が、「ウミを出し切る」か。ウミは安倍首相自身だ。こんなひどい安倍首相の態度を、自民党や公明党議員は誰一人として批判しない。正義を主張する政治家はいないのか。見て見ぬふりをして自己保身に走る。賭博を合法化するカジノ法案も過労死・タダ働き労働を増やす働き方改革(改悪)、食の安全も日本の農業も崩壊させるTPP11関連法案も強行採決。こんな自民・公明党政治家が平然として議員バッチをつけている国会は世界中探してもどこにもないのではないか。
 衆・参の多数を占める自民公明党議員をどうしても減らさなければ、悪政はストップできない。共産党は、地力をつけようと6月から9月までを、党員や赤旗読者を増やす特別月間と決めた。来年の参院選と県議選で野党共闘と日本共産党の躍進のために必ず成功させたい。どうぞご支援を。
 

 
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-06-29 21:37 | 近況報告
e0260114_1304915.jpg


 来年の参院選と統一地方選での躍進を勝ち取ろうと志位和夫委員長を迎えた日本共産党演説会が24日開かれました。司会進行役を私が担当しました。赤旗読者や支持者など1600人が参加し、ぐんま前橋市民文化会館大ホールは満席となり、第2会場まであふれ、熱気に包まれました。(写真は志位和夫委員長の訴えに聞き入る人たち)
 来賓あいさつで、角田義一・立憲民主党群馬県連合最高顧問(元参議院副議長)が「北朝鮮問題の志位委員長の見解はまったく同感だ」と述べ、「ぐんま市民連合へいわの風」の大川久美子共同代表が「共産党の努力なくして共闘はありえなかった」と語り、志位氏とがっちり握手を交わしました。
 伊藤たつや参院群馬選挙区予定候補、梅村さえこ参院比例予定候補(前衆院議員)が、市民と野党の共闘と党躍進で安倍暴走政治を止めようと呼びかけ、県議選で2議席を絶対確保し3議席を目指す伊藤ゆうじ、酒井ひろあき両県議、はせだ直之予定候補が決意を表明しました。

国政を私物化して恥じない安倍政権の退陣を求めて全力

 志位委員長は、内外情勢の大激動の中で光る日本共産党の値打ちを熱く語りました。「森友・加計問題」で、安倍首相のウソを暴く内部文書が党国会議員団に次々と寄せられるのは、安倍政権を厳しく追及する党への強い信頼があるからだと強調。終盤国会で疑惑の徹底解明とともに、悪法をまとめて廃案にし、安倍政権を退陣に追い込むために全力をつくすと表明しました。

更なる努力野党共闘の前進を

 市民と野党の共闘では、勝利まであと一歩と迫り安倍政権打倒の希望を示した新潟県知事選や、森友公文書改ざんなどを野党の協力・連携で認めさせた国会共闘の前進、憲法・原発・沖縄基地問題など国民運動の新しい共闘の発展にふれ、「野党が市民とともに大義の旗を掲げ、結束すれば安倍政権を倒せる」と力説。共闘の力で政治を変えることを貫いてきた党を強く大きくし躍進させることが「共闘を進める上でも貢献になる」と訴えました。

日本共産党の平和外交が朝鮮半島の劇的変化に貢献 

 平和外交の点で志位氏は、北朝鮮問題の平和的解決に向けて党が行った提唱や要請、安倍政権の圧力一辺倒の姿勢の中で「戦争を起こすな、対話による平和的解決を」と訴え続けた一貫した取り組みが、米朝首脳会談などで始まった歴史的な平和のプロセスへの貢献となったと指摘。「党が掲げる平和外交の方針が、野党共闘の力ともあいまって日本政府の外交方針となる日が来るよう頑張りたい」と述べると、会場から「そうだ」などの声援と大きな拍手がわき起こりました。

酒井県議の再選と県議会での共産党の3議席を必ず

 群馬県政では、47都道府県で唯一、子ども医療費で中学卒業まで入院・通院で自己負担なし、所得制限なし、窓口無料の三拍子そろった制度を実現するなど県民の願い実現のために大きな仕事をしてきた党県議団の値打ちを紹介。県制度としての学校給食無料化などの実現のため、酒井宏明県議など共産党3議席への躍進を訴えました。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-06-27 13:03 | 近況報告
e0260114_20154671.jpg
 

 富士見町で共産党支部が開催した共産党を丸ごと理解していただく「集い」に、酒井宏明県議とともに出席した。
 手作りの昼食やデザートをおいしくいただいた後、私も挨拶。北朝鮮の金委員長とトランプ大統領の米朝首脳会談で、朝鮮半島の非核化と朝鮮戦争の終結などが合意されたことに触れ、安倍政権がいまだに憲法9条改悪に執念を燃やしていることを批判した。
 酒井県議は、開発優先の県政を告発し、福祉や教育優先の県政に転換を目指して、来年の県議選での再選に全力を尽くすと訴えた。その後、みんなで小池晃書記局長と落語家の立川談四楼さんとの政治対談のDVDを視聴し、国民や国会にウソをついて国政を私物化する安倍政権の総辞職を求めるため、野党共闘をもっと前に進めつつ、日本共産党の躍進のために力を合わせて頑張ろうと意思統一。
 18人の参加者もそれぞれいまの暮らしや政治変革への思いを、出し合いながら楽しく懇談した。
 最後に、私から、来年の県議選挙勝利と参議院選挙で比例で850万票、得票率15%、群馬県で14万票の獲得をめざす日本共産党への支援をお願いした。
 この集いで、後援会員の方二人が、日本共産党に快く入党された。みんなで歓迎して祝福した。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-06-20 20:17 | 近況報告
e0260114_18453861.jpg
 
 私が暮らす南橘団地には、夫や妻に先立たれ一人暮らしをしている方が増えてきた。持病を持つ方も多い。
 足腰が弱くなったり、車の運転ができなくなると食材の購入もままならず、野菜や肉などバランスの取れた食事ができなくなって、体調を悪くする方もいる。医療生協と連携し、介護保険認定の申請のお手伝いをして、ヘルパーさんの家事援助やデイサービスに通ってやっと暮らしておられる高齢者もおられる。
 今、安倍自公政権は、高齢者がすこやかに生きてゆくためには欠くことのできない年金を減らし、医療や介護制度を次々と改悪して、保険料や利用料の負担を増やしている。長い間社会に貢献してきた高齢者や、健康に不安を抱えて生きている弱者にやさしい政治や社会の実現を願わずにはいられない。国は、軍事費を減らして社会保障に予算を回すべきだ。
 どうぞ、困りごとがある方は早めにご連絡ください。私も、いつも議会や相談先に出掛けて不在が多いので携帯電話090-1534-5061にご連絡を。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-06-12 18:45 | 近況報告