日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

カテゴリ:平和( 39 )

e0260114_1930590.jpg
 
 森友・加計学園、自衛隊の日報隠し、改ざん・ねつ造・隠ぺい…ウソとごまかしに満ちた政治が続いている。そんな中でも安倍自・公政権は、憲法9条を変えて、日本への侵略がなくても、米軍とともに海外で自衛隊が戦争できる国にしようと執念を燃やしている。
 わずか73年前には、前橋市も含め日本中が無差別空襲を受け、広島・長崎に原爆も投下された。日本が行った侵略戦争では310万人の日本人が犠牲になり、アジアの人々2000万人もの命を奪った。この歴史の事実を直視すべきだ。
 政府は今も戦前と同じく仮想敵国の脅威を強調し、中国や北朝鮮に対抗しようと軍備拡大や日米同盟を強めようとしている。改憲ではなく、二度と戦争をしないと決意した「憲法9条を生かした平和外交」こそ推進すべきだ。
e0260114_19304918.jpg

[PR]
by hasegawakaoru | 2018-05-21 19:31 | 平和
e0260114_15465487.jpg


 南北首脳会談が開催され、核兵器のない朝鮮半島をめざすという歴史的合意が実現しました。北朝鮮や中国の脅威を強調して、戦争法を強行し、軍拡路線を強めている安倍自公政権の外交路線を抜本的に転換すべきです。

朝鮮半島が平和に向けての歴史的変化

 4月末の南北首脳会談、板門店宣言で朝鮮戦争の終結、朝鮮半島の非核化という歴史的な平和の新しい動きが出ています。
 今後予定されている米朝首脳会談で、核兵器の廃絶についての実効ある取り組みが期待されます。
このような中で今、日本政府に問われているのは、アメリカ言いなりの外交ではなく、自主的・自立的な外交戦略をしっかり持つことであり、9条を生かした平和外交です。平和の激動を促進する先頭に立つべきです。平和・協力、繁栄の北東アジアに進むために9条が新たな生命力を発揮すべき時です。

アメリカ言いなりの日米軍事同盟路線に終止符を!

 アメリカとともに戦争する国づくりに向けて進めてきた自衛隊の軍拡路線をただちにあらためるべきです。軍事費は5兆2,500億円で過去最高です。在日米軍の基地負担も7612億円(ドイツは1876億円)。新たなミサイル防衛システム1基600億円を2ヵ所。オスプレイ1機110億円を17機も購入する。(下の写真)ヘリコプター搭載艦の空母改修計画。沖縄の米軍辺野古基地建設の強行などを抜本的に改め、軍縮に舵を切るべきです。その上で、国際紛争を話し合いで解決する平和外交の先頭に立つべきです。

e0260114_1544358.jpg

[PR]
by hasegawakaoru | 2018-05-07 15:49 | 平和
e0260114_15383268.jpg


安倍政権の「戦争をする国づくり」許さぬ決意新たに・・・・高崎・音楽センターの「憲法記念日集会」に1900人

 憲法記念日の3日、第34回憲法記念日集会が高崎市の群馬音楽センターで開催され1900人が参加。安倍政権がすすめる憲法9条改悪に反対する決意を固め合いました。
 記念講演に登壇した俳優の宝田明さん(84歳)は、自らの戦争体験を語りながら、安倍自公政権が進め9条改憲の動きを厳しく批判しました。日本が侵略していた旧満州生まれの宝田さんは、終戦による引き揚げの混乱のなかで、ソ連兵に撃たれ、腹部に残った鉛の銃弾を麻酔なしで取り出してもらった事や日本人女性がソ連兵に暴行を受けたなどの悲惨な戦争体験を話しました。「戦争は兵士だけではなく必ず女性や子どもなど非戦闘員が巻き込まれる。私の人生もあとわずか。生きているかぎり戦争反対を主張し続ける」と力強く訴えました。
 講演の最後に宝田さんは、反戦の思いを込めて作った『私の願い』を歌うとともに、『青い山脈』を参加者とともに熱唱し大きな拍手に包まれました。

憲法9条は世界の宝

 続いて登壇したジャーナリストの伊藤千尋さんは、「憲法9条は世界の宝」と強調し、アフリカ沖のカナリア諸島にもスペインやトルコにも9条の記念碑がある。南米のコスタリカは9条の精神に学んで軍隊を完全になくし、国家予算の3割にも達していた軍事費を教育に回した。昨年国連で制定した核兵器禁止条約でもコスタリカのホワイト議長(女性)が主導的役割を果たした。
 改憲勢力が9条の2として自衛隊を明記すれば、9条2項の戦力の不保持・交戦権の否認が空文化し、自衛隊が国軍になり世界中に無制限に派兵される。米軍の命令で自衛隊員が戦死する。監視社会が強まり戦前のような暗黒社会になる。軍事費が増やされ福祉・教育・医療が削られる…・と警鐘を鳴らし、9条改憲阻止の国民的大運動をよびかけ、「企業と癒着した大統領を退陣させた韓国のように、国政を私物化し、公文書を改ざん、時間のセクハラ、自衛隊の日報を隠し等、政権運営の資格を喪失した安倍自公政権の退陣を求め、改憲のたくらみを打ち破ろう」と訴えました。

「戦争する国づくり」を許すな

e0260114_15395718.jpg
憲法は15年にわたる日本の侵略戦争で310万人以上の日本国民と2000万人を超すアジアの人々を犠牲にした反省の上に立って、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないよう決意して制定されました。安倍首相がすすめる9条改憲は、戦後の原点を破壊し、『戦争をする国』に引き戻すもので絶対に許せません。ともに改憲に反対しましょう。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-05-07 15:40 | 平和
e0260114_1771672.jpg


自衛隊は空母や巡航ミサイルなど攻撃型兵器を次々と保有

 政府はこれまで「自衛隊は攻撃型兵器の保有は憲法上で出来ない」「自衛のための必要最小限度を超えるため攻撃型空母を保有することは 許されない」と言ってきました。
その例として、他国まで届く巡航ミサイルや敵地近くまで行って敵基地を攻撃することができる航空母艦などは保有できなかったのです。
 ところが、防衛省は、海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」(上の写真)を本格的な航空母艦に改修し、ヘリコプターだけではなく垂直離発着できる最新鋭のジェット戦闘機F35Bを導入しようとしています。
 このF35Bは、レーダに探知されにくく、射程500キロ(東京・大阪間と同じ距離)の対地攻撃用のミサイルも搭載できる米国製の戦闘機です。自衛隊は、この1機130億円もする戦闘機を40機以上購入しようとしています。
 空母に改修する「いずも」は、排水量19500㌧、全長248㍍、全幅38㍍。強襲揚陸艦で、ヘリコプターや上陸用舟艇で、兵員や兵器などを敵地に陸揚げする「海外への殴る込み部隊」の中心的役割を持ち、F35B(下の写真)が導入されれば、敵基地攻撃能力も保有することになります。

e0260114_17751100.jpg


 
9条改憲の発議の阻止を!

 安倍政権が強行した戦争法は、日本への武力攻撃がなくても、同盟国のアメリカが引き起こす海外での戦争に自衛隊が参戦する憲法違反の法律です。

 共産党の小池晃参議院議員が3月2日の予算委員会で追及したように、「いずも」の空母化とF35Bの導入は、「専守防衛」の建前すら投げ捨てて、米軍と一体となって軍事行動を展開しようとする危険な動きです。
 戦争法を強行し、歯止めなき軍拡を進め、その上に、憲法9条に自衛隊を書き込んでしまえば、何の制約もなく自衛隊が米軍と肩を並べて米軍と海外で戦争をすることになってしまいます。「9条改憲反対の3000万人署名」を必ず成功させて、安倍自公政権が進める9条改憲の国会の発議をやめさせましょう。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-03-06 17:09 | 平和
e0260114_18171467.jpg

立憲主義を投げ捨てて、安倍首相が9条改憲に執念

 1947年(昭和22年)5月3日に憲法が施行されて71周年を迎えました。憲法は、多くの国民が犠牲となった先の戦争を真摯に反省し、二度と同じ過ちを繰り返さ ないという決意に基づいて制定されました。個人の自由や権利を保障するために国家権力の暴走を憲法でしばる立憲主義を理念とし、基本的人権の尊重、恒久平和主義、国民主権を基本原理としており、多くの国民から支持されています。
 ところが安倍首相は、年頭の記者会見で、「憲法のあるべき姿を国民にしっかり提示し、憲法改正に向けた国民的な議論をいっそう深めていく」と述べ、2020年の改定憲法施行をめざして、今年の通常国会への憲法改正案の提出(発議)を公言しました。
 改憲の中心は、「9条1項・2項を残したままで、明文で自衛隊を書き込む」とした昨年5月3日に首相が述べた9条改憲案です。

 「何も変わらない」はごまかし

 安倍首相は、「自衛隊の存在を書き込むだけだから、何も変わらない」と言っています。しかし、これはごまかしです。自衛隊の存在を9条に書き込めば、1項の戦争放棄と2項の武力を持たないという2項が空文化し、戦争法が道を開いた自衛隊の海外派兵と武力行使が優先され、アメリカが引き起こす戦争に地域的限定もなく無制限に参加することになってしまいます。専守防衛と災害出動を任務とする自衛隊員が、殺し殺される海外での戦争に駆り出されてしまいます。

北朝鮮の脅威は平和的解決を

 改憲勢力は、「北朝鮮の脅威が強まっているので憲法9条の改定が必要」と言っています。もちろん、北朝鮮の核開発や弾道ミサイル発射は絶対に許せません。同時に、いま一番大切なことは戦争を起こしてはならないことです。偶発的な戦争が起きる危険も高まっています。戦争になれば、朝鮮半島だけではなく、米軍基地がおかれている日本も想像を絶する被害が生じます。
 北朝鮮の経済制裁は必要ですが、アメリカと北朝鮮の直接対話による平和的解決こそ大切です。安倍内閣はアメリカのトランプ大統領の軍事的圧力強化に同
調し、自衛隊の装備を強化し憲法9条を変えて、米軍と肩を並べて戦争する準備を強めているのです。平和憲法を持つ日本政府こそ、平和的解決のために先頭に立って外交努力を尽くすべきです。

世論は9条改憲に反対、3000万署名を成功させよう!

e0260114_1820296.jpg


 憲法9条があったからこそ自衛隊は海外で戦争することはありませんでした。安倍政権は、ここ数年連続的に軍事費を増額し、ついに新年度予算は過去最高の5兆数千億円です。そのうえ戦争法に続いて、9条改憲に踏み込もうとしています。しかし、世論調査では9条改憲に反対が5割を超え、改憲論議を急ぐべきではないは7割に迫っています。今こそ、思想信条や立場の違いを超えて、「平和を守れ、9条改憲にノー」の声を上げましょう。全国3000万人目標の改憲ノーの署名運動を成功させましょう。先日1月9日の、前橋駅前での署名活動では、高校生から「私たちは戦争には絶対反対です。ぜひ頑張ってください」と署名が多数寄せられました。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-01-13 18:25 | 平和
e0260114_21345976.jpg
「憲法9条守れ!」群馬弁護士会の講演会に500人

 安倍政権が進めている憲法9条改正の問題点を考える講演会、「憲法改正で平和を守れるのか」(群馬弁護士会主催)が23日、前橋市日吉町の市総合福祉会館で開かれ、会場を埋め尽くす500人が参加しました。
講演に先立ち講談師の神田香織さんが日米安保問題を題材にした「哀(かな)しみの母子像」との演題で昭和52年(1977)年9月27日に横浜市緑区に米軍機が墜落し、母と幼い子二人が亡くなった悲劇をリアルに告発。「沖縄の辺野古基地を建設の強行や、今も米軍ジェット機やオスプレイが日本中を我が物顔に飛行し墜落事故を繰り返している。米軍も政府も日本国民を守らない。こんな政治は間違っている!」と厳しく批判しました。(下の写真)
e0260114_21325044.jpg

 次に74歳になった小室等さんとお嬢さんとそのお連れ合いの三人コンサート。小室さんは「死んだ男が残したものは」を演壇から降りてマイクなしで歌い上げた。変わらず平和を願う歌声に会場から大きな拍手が寄せられました。(下の写真)
e0260114_21281196.jpg

評論家の佐竹信氏は「先の戦争で得たものは憲法9条だけだ」と題して講演。安倍政権与党も希望の党も国民の命よりも国家体制を大事にする日本会議。支配階級の番犬が軍隊。憲法9条を守)最後に、下山順弁護士が「国会で改憲に向けた動きが強っている。国民投票が行われた場合は反対を」と訴えました。
e0260114_2131064.jpg

(上写真・総合福祉会館)
[PR]
by hasegawakaoru | 2017-12-20 21:36 | 平和
e0260114_20143240.jpg


安倍9条改憲No、憲法を生かす全国3000万統一署名」を成功させよう!

改憲勢力は衆議院定数の3分の2を超え8割に

10月22日の衆議院選挙で284議席を獲得した与党・自民党は、公明党の29議席を合わせて改憲の発議に必要な310議席を超える313議席を得ました。9条を含め改憲論議を進める立場の希望の党は50議席、選挙公約に「9条改正」の必要性を盛り込んだ日本維新の会は11議席を確保。改憲勢力は374議席となり、衆議院定数465議席の8割を超えました。
安倍首相は選挙中、改憲を全面には押し出しませんでしたが、選挙後のテレビ番組では「自衛隊が憲法違反という論争に終止符を打ちたい」と改めて持論を強く示しました。

自民党は年内に改憲案・来年の通常国会に提出狙う

自民党は衆議院選挙の公約に自衛隊の9条への明記・緊急事態条項(戦前の戒厳令)・参議院選の「合区」解消・教育の無償化を明確に改憲項目として掲げました。自民党は、与党だけで憲法改正案の国会発議条件の3分の2を獲得したことから「天の時を得た」と一気呵成に改憲にひた走ろうとしています。「年内に自民党改憲案をまとめ、来年の通常国会に提出する」と述べ、戦争する国づくりに向けて暴走しています。

世論は改憲反対が多数

 衆議院選挙後に朝日新聞が実施した世論調査では、自衛隊を明記する安倍政権の9条改憲に反対が45%で賛成の36%を上回っています。安倍首相が進める政策に「不安の方が大きい」は54%に上っています。自民党の改憲の動きは、世論を無視したおごった態度です。衆議院選に棄権した人も含む全有権者に占める自民党の絶対得票率は、小選挙区で25%、比例区で17%だけです。改憲に明確に反対する共産党は12議席、社民党は2議席、立憲民主党は55議席を得ました。市民と野党の共闘をいっそう強め、全国で3000万人を超える改憲反対統一署名を拡げ、安倍政権の平和を脅かす9条改憲を何としても阻止しましょう。
[PR]
by hasegawakaoru | 2017-11-21 20:14 | 平和
e0260114_2001660.jpg


 トランプ大統領が来日した。安倍首相との会談で国民が期待したことは、北朝鮮の危険な核実験やミサイル発射をやめさせ、戦争を回避するために、日米が協力し「対話による平和的な解決の道」を真剣に話し合い、実現への道を切り開くことではなかったか。
 ところが結果は、安倍首相は「すべての選択肢がテーブルの上にあるというトランプ大統領の立場を再度一貫して支持している」と述べ、対話を否定し軍事を容認した。しかもトランプ大統領は武器のセールスまで展開。安倍首相は自衛隊の装備強化と軍備拡大をあらためて表明した。日本のマスコミは、晩餐会の料理の献立を細かく報道するが、日米首脳会談の内容のひどさなど問題の本質を伝える姿勢を全く示していない。情けない。
 一方韓国政府は、トランプ大統領に「韓国の同意なしに北朝鮮を先制攻撃するべきではない」との立場を表明したと伝えられている。トランプ大統領の訪問に反対する韓国の国民のデモもニュースで伝えていた。
 憲法9条改憲をめざす安倍政権の暴走もますます強まることが予想される。市民と野党の共闘を前進させる立場を堅持している日本共産党の役割がますます重要となっている。平和を守るためにいっそう頑張りたい。
[PR]
by hasegawakaoru | 2017-11-21 20:01 | 平和
e0260114_1527619.jpg


 先日、「前橋に平和資料館設立をめざす会」が主催し三河町のレンガ蔵で毎年開いている戦争の悲惨さを伝え平和の大切さを学び合う集いに立ち寄った。わずかな時間だったが、展示された前橋空襲の記録や写真、実際に戦場で持ち歩いた軍隊手帳や武運長久を願って寄せ書きした日の丸などを見た。また、歴史研究家の岩根先生から日本軍による南京大虐殺事件の資料もいただいた。今も、昭和12年に日本陸軍が中国の南京で非戦闘員の婦女子なども含め20万人もの中国人を虐殺した事実を政府は正式に認めていない。
 今年の夏は、7万人以上の若者が餓死した無謀なインール作戦(上の写真)、約3千人の中国人捕虜を人体実験で殺した731部隊(下の写真)や日本中を無差別空襲した米軍を告発するなどのNHKの意欲的な番組があった。安倍自公政権が、憲法9条を改悪し、再び海外で戦争をする国づくりを狙っている今こそ、多くの国民が加害も被害も含め日本の侵略戦争の歴史の事実を直視し、戦争の悲惨さと平和の尊さをかみしめることが今こそ重要だ。

e0260114_15305192.jpg

[PR]
by hasegawakaoru | 2017-08-31 15:31 | 平和
e0260114_14253394.jpg

世界の核兵器は9か国で1万5000発

 7月7日、国連加盟国の6割以上、122カ国が賛成して「核兵器禁止条約」が採択されました。ところが、被爆国・日本政府が条約に反対して参加しなかったことに、被爆者だけでなく多くの国民が深い落胆を覚えたのは当然です。
 日本政府が条約に反対する理由は、日本の安全保障をアメリカの核兵器の力にゆだねているからです。安倍首相は「積極的平和主義」を主張し、歴代政府ができないとしていた集団的自衛権の行使を閣議決定し、戦争法(安保法制)への強行へと進み、憲法9条の改悪を明言しています。
唯一の被爆国なのに、安倍政権は、核兵器の日本への持ち込みを許し、世界最大の地震大国なのに50基もの原発をつくり、9条を持つ国なのに日本中に米軍基地を許し、アメリカの先制攻撃・武力行使を支持し海外で戦争をしようとしています。

「核抑止論」は、アメリカの核戦争に巻き込まれる現実的な危険!

 日本の安全をアメリカの6800発もの核兵器にゆだねる「核の傘」への依存は、非核平和を求める世界の流れに逆行するだけでなく、日本を核戦争に巻き込む危険をつくりだしています。アメリカの核兵器は日本を守る抑止力とは無縁です。日本は抑止力の名で、アメリカの世界戦略の前進基地として利用され続けているのです。
 今、世界の圧倒的多数の国々は、紛争を話し合いと平和的な手段で解決し、平和と協力の共同体や非核地帯をつくり行動しています。日本の平和と国民の安全を守るには、憲法9条の立場に立って平和外交を推進すべきです。   
 今こそ、核兵器の廃絶を願う圧倒的多数の国民世論で、核兵器禁止条約に日本政府が署名し国会で批准するよう求めましょう。9月の前橋市議会でも、他会派にも呼びかけて国への意見書提出を提案し、政府に迫って行こうと思います。 
[PR]
by hasegawakaoru | 2017-08-31 14:26 | 平和