人気ブログランキング |

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 68歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru
e0260114_17112513.jpg


共産党市議団は組み替えを求めて全力

 前橋市は、第1回定例市議会に新年度予算を提案しました。その内容を見ると、新道の駅や中心市街地の再開発事業などには多額の予算を計上しながら、市民向けの予算を削り、高い介護保険料や国保税の引き下げ要求には背を向けるなど、福祉暮らし後回しの市民に冷たい予算となっています。
長谷川議員など共産党市議団は組換えを求めて全力を挙げます。

新「道の駅」には16億円、市民向け予算は1億6千万円を削減

 総事業費94億円の新道の駅については、用地買収費等を中心として16億4千万円、総事業費が数百億円かかる中心市街地の再開発事業や民間マンションの建設費助成などには、合わせて約6億3千万円を計上しています。
 その一方で、防犯灯設置予算は年間200基の設置予算を新年度から百基に半減、地域で組織されている自主防災会への補助金を廃止、人工肛門患者への支援金を総額2,100万円も縮小するなど、市民の暮らしを支える予算を約1億6千万円も縮小しています。

教育や子育て予算は増やさず

 学校教育関係については、老朽校舎などの新増築や大規模改修には総額12億円を計上していますが、学校給食の完全無料化やいじめや不登校のないゆき届いた教育実現のための30人以下学級制度については、実現に向けての予算化を見送りました。
 父母や教職員は、教員の多忙化を解消し、児童生徒に向かい合う時間を増やしたいと願っていますが、市教育委員会は正規教員を増やさず、支援員や介助員を数人増やすだけの予算にとどまっています。学校給食費の無償化については渋川市やみどり市が小中の完全無料化を実施していますが、前橋市は財政難を理由に実施に背を向けています。学校現場では配分予算が少ないために寒くてもエアコンの設定温度を下げたり、ストーブの灯油を節約するなどの努力を余儀なくされています。また、管理戸数約5千戸余の市営住宅についても修繕予算が前年度並みに抑えられているために、約2割の空き部屋解消は進みそうにありません。交通弱者支援のマイバス路線の増設やマイタクの運賃軽減予算も計上されていません。
 国の悪政に追随する山本前橋市政の下で、市の幹部職員のセクハラ、個人情報の漏洩、若い職員の殺人事件、教員の窃盗などによる懲戒免職も多発しています。住民福祉の向上をめざし、市民の暮らしを支える本来の前橋市政を取り戻すために全力を尽くします。
# by hasegawakaoru | 2019-03-14 17:12 | 市議会活動報告
e0260114_20564976.jpg


「米軍新基地反対」が沖縄県民の大多数の意思

 多くの困難を乗り越えて24日に投票が行われた沖縄の県民投票の結果は、米軍の辺野古埋め立て反対の明確な民意を示すものとなりました。反対票は43万4千票・得票率70%で、玉城知事が獲得した39万票を超え、県内41市町村すべてで反対票が大幅に上回りました。
この結果は、沖縄の民主主義、地方自治の勝利であり、沖縄県民の歴史的な勝利です。安倍政権は、県民投票に示された沖縄県民の民意を重く受け止め、辺野古新基地建設のための埋め立てをただちに中止すべきです。 普天間基地は、「辺野古移設」という「条件付き」では、永久に返ってきません。無条件での撤去を求め、米国と交渉すべきです。

安倍首相は県民に寄り添うと言うが・・・

 安倍首相は口を開けば「沖縄県民の心に寄り添う」と言いますが、「県民投票の結果にかかわらず工事は続ける」と強権的な姿勢を示しています。しかも、大浦湾側の埋め立て予定地のマヨネーズ状の軟弱地盤は、海面から90㍍に達し、地盤改良のために7万本以上の杭を打つ必要があり、技術的にも不可能です。玉城知事は、環境破壊にもつながる基地建設工事そのものを許さない断固たる決意を示しています。

世界一危険な普天間基地は無条件撤去を

 日米両国政府が米軍普天間基地の返還を合意してすでに23年。いまだに実現していないのは、代替地を沖縄県内に求めてきたからです。日本共産党は、辺野古新基地はきっぱり中止し、普天間基地の無条件撤去を求めてアメリカ政府と交渉すべきと強く求めています。

e0260114_2058242.jpg

# by hasegawakaoru | 2019-03-07 20:58 | 平和


建設が始まる新「道の駅」は市民参加で再検討を!
e0260114_2033445.jpg


 2月27日から第1回定例市議会が開会されました。3月7日に以下の内容で本会議総括質問を行います。
はじめに、2021年7月のオープンをめざして新年度から用地買収など本格的な建設を開始する新「道の駅」について取り上げます。言うまでもなく「道の駅」の最大の魅力は地元農家の新鮮で安全な美味しい農畜産物の購入や地元食材を使ったレストランでの食事です。ところが、現在までにその準備が具体的には、ほとんど進んでいません。すでに大胡・富士見・荻窪にある既存の道の駅では、出荷農家が高齢化しており新「道の駅」までの農産物の提供は困難となっています。地元南橘地区も農家は少なく、JA南橘支所や芳賀支所職員も「出荷要請があっても対応できるかどうか心配」と話しています。「運営事業者に丸投げして、大型商業施設のように市内農産物を青果市場などから取り寄せることになるのでは、後継者育成や家族農家の支援など農業振興に貢献できる施設整備にはならないのではないか」と市当局をただします。
 また、「新『道の駅』への集客を強めれば、当然既存の3か所の「道の駅」への影響が出ると思うが、施設のリニューアルなどの支援はどのように考えるのか。それぞれ地元の農家の営農支援が弱まることをどのよう考えているのか」。さらに、「総額94億円もの資金を投入する『道の駅』は、運営が破綻すれば巨大な負の遺産になりかねない。市民の意見も十分聴取し、身の丈に合わない施設規模及び運営計画の再検討を行うべきではないか」と質問します。

市が進める公共施設の統廃合や中心部の大規模開発の問題点を指摘

e0260114_20342019.jpg


  また、前橋市のまちづくり方針について質問します。「今、国は地方自治体への財政支出を減らすために、立地適正化計画の策定を押し付け、まちの縮小・コンパクト化を求めています。前橋市も都市計画区域内に都市機能誘導区域と居住誘導区域を設定し、JR前橋駅前や中心部で大型開発事業を進めています。これまで市は住宅団地や大型店を郊外に誘導しておきながら、今後は中心部に重点化したまちづくりを進める方針では、周辺地区の生活の利便性を低下させます。子育て支援施設や健康増進施設の統廃合などを進めるのではなく、小学校区単位で形成されてきた地域コミュニティーを崩壊させることなく、公共施設の長寿命化を進めて、どこに住んでも安心して暮らせるまちづくりを進めるべき」と求めます。
# by hasegawakaoru | 2019-03-03 20:27 | 市議会活動報告
e0260114_17574515.jpg


 安倍首相や自民党・公明党は、「財政が苦しい、高齢者が増えて社会保障が維持できない」「景気が回復してきた」などと国民をごまかしながら、消費税の10%増税で5兆円もの負担を国民に押し付けようとしています。
 しかし消費税が導入されて30年、消費税収は総額372兆円、法人3税の減収は291兆円。消費税のほとんどが大企業の減税財源に回ってきたのです。大企業への減税や軍事費を増やし続ける一方で、医療や介護の制度は毎年のように改悪され、給付が減らされ負担が増やされています。その上、老後の暮らしを支える年金も減らされ続けています。ウソとごまかし、隠ぺいの安倍内閣は許せません。消費税増税反対貫く日本共産党を大きくしてください!

e0260114_1459172.jpg

# by hasegawakaoru | 2019-03-02 17:59 | 近況報告
e0260114_17383760.jpg


開発優先の県政も安倍自公政権の勤労統計の不正・大軍拡・辺野古基地・消費税増税・原発再稼働ストップ…共産党演説会で決意しあう 

 塩川鉄也衆議院議員を迎えて市民文化会館で9日(土)に開かれた共産党演説会は、きびしい寒さにもかかわらず市内各所から貸し切りバスも運行され、多くの後援会員や支持者が駆け付け、「2か月後に迫った県議選挙での酒井県議の勝利と7月の参議院選挙での日本共産党の躍進を必ず勝ち取ろう」とみんなで決意を固め合いました。
 演説会の初めに、福島原発事故で前橋市に避難し、国や東電に責任や損害賠償を求めて集団訴訟を闘っている丹治杉江さんと酒井県議による「とことん対談」が行われました。 
 青年時代の秘蔵写真を上映しながら、酒井氏が生い立ちや金沢大学時代の共産党への入党の初心や結婚式での自身のバイオリン演奏のエピソードを語ると、会場から驚きや共感の声が上がりました。また、医療制度の充実を求める看護師の吉岡氏や消費税の10%増税の中止を求める前橋民商の高橋氏、学校給食の無料化や30人学級の実現を求める元教師の石田氏からの要望に酒井県議は、「八ッ場ダムやコンベンション施設などの大型開発優先の県政を、暮らし・福祉優先に転換すれば、医療や介護の充実も学校給食の完全無料化も前進できる。小規模業者の経営を守るためにも消費税増税のストップと住宅リフォーム助成制度も制度化したい」と語りました。
 塩川議員は、「群馬県内の公共事業に有害鉄鋼スラグが使われていることを県議会で暴露し、大企業に対しても毅然として責任を追求し撤去させるとともに、原発事故の避難者や大雪による被災農家を暖かく支援したのも酒井県議。必ず再選を」と訴えました。
 さらに毎月勤労統計の不正、米国製戦闘機の爆買い、消費税増税、米軍沖縄辺野古基地建設など国政の課題に触れた塩川議員は、「ウソとごまかしまみれで暴走する安倍自・公政権を参議院選挙で少数に追い込むために、野党共闘を貫く共産党をなんとしても躍進させて下さい」と呼びかけました。
また、地元の後援会の方々とバスで参加した私は「安倍政権の悪政の下で、どこでも暮らしの悲鳴が寄せられています。なんとしても県政も国政も変えましょう」と参加者に訴えました。
# by hasegawakaoru | 2019-03-02 17:39 | 選挙