日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru
e0260114_21183076.jpg


共産党市議団と、市内の女性団体が市長に申し入れ

 6月29日、共産党市議団は、新婦人、民商婦人部、農民連婦人部、人権連、平和委員会、自治労連など市内の女性運動団体代表など約20名とともに、市の幹部職員による非正規女性職員へのセクハラ問題について山本市長に申し入れました。市当局は、中島副市長、関谷総務部長、高橋職員課長が出席しました。

市の不適切な対応を指摘

 党市議団は、市の対応の問題点について次のように指摘し回答を求めました。

▼被害女性は、管理職の男性職員が行ったセクハラ行為について、1月5日にメールで市長に救済を求めたが、なぜ迅速に対応しなかったのか。
▼職員課や生活課は、セクハラ被害者の2次被害防止の立場で実態把握になぜもっと迅速・丁寧に取り組めなかったのか。
▼東京新聞が被害者本人に取材し、今回のあまりにもひどいセクハラ行為を5月25日付で報道するまでは、市当局は本気で被害女性を救済する気がなかったのではないか。
▼セクハラ根絶の職務を担う職員課や生活課は、調査や対応の遅れを反省し、本市の実効性のある相談体制を確立すべき。
▼今回の事案を総合的に判断すれば、懲戒免職に値する。加害男性に対する9カ月の停職と管理職からの降任処分を見直し、厳罰化すべき。
▼市長や副市長、関係部課長の責任も明確にすべき。
▼弁護士など専門家による第三者委員会を設置して、今回の事案を総合的に検証して再発を防止すべき。
ことなどを市当局に求めました。

 これに対して市当局は「1月5日の市長へのメールへの対処要請は職員課にもあり承知していたが、セクハラ行為についての詳細は分からなかった。2月5日の調査の時点では、男性職員の他の不祥事などに調査の重点があり、セクハラの調査は不十分であった。当初、調査に男性職員を派遣するなどの問題もあった。懲戒処分は適切であった。今回の問題では、被害女性はもちろん市民に多大な迷惑をかけた。再発防止に全力を挙げる」などと答えました。

 参加者からは「パワハラ被害者は怒り、セクハラ被害者は怒りとともに羞恥心を感じます。女性から訴えがあった時には、女性職員や女性弁護士を付けるなど十分な配慮が必要です。雇止めなどの不安を持つ非正規の弱い立場の職員を対象としたのは許せない」「懲戒処分をした後、職員課係長が被害女性に謝罪したというが、市長や部長が直接謝罪すべき」「今後の再発防止のためにも、第三者委員会を設置して、市の調査や処分が適切であったかを検証すべき」と訴え、「安易な幕引きは許さない」と強調しました。
 私も、最終日6月議会最終日の29日、各派代表者会議で「市議会として市当局に第三者委員会の設置を求めるべき」と提案。他会派は「検討して判断したい」と述べるにとどまりました。
[PR]
# by hasegawakaoru | 2018-06-29 21:19 | 市議会活動報告
e0260114_13191539.jpg
 

 6月24日、20数万人が犠牲になった沖縄の全戦没者追悼式のテレビ中継を見た。翁長知事ががんの闘病中にもかかわらず、声を振り絞って「沖縄の辺野古の米軍基地建設は許さない」と訴えた。参列者からは、共感と激励の拍手が続いた。
 一方、安倍首相の「米軍基地負担を軽減する」という型通りのあいさつには誰からも拍手がなかった。オール沖縄の県民が、米軍辺野古基地の建設に反対して頑張りぬいているのに、安倍自公政権は無視して建設工事を強行している。オスプレイやヘリコプター、ジェット戦闘機など米軍機が頻繁に墜落したり部品の落下で県民の命が脅かされているが、飛行中止を本気で求めない。米兵の犯罪も繰り返されているのに、地位協定の見直しもしない。朝鮮半島では米朝首脳会談で朝鮮半島の非核化や朝鮮戦争の終結などの平和外交が繰り広げられ、北東アジアの平和への流れが加速されているのに、憲法9条改憲や自衛隊の軍備拡張などを進めて戦争をする国づくりを目指して、沖縄県民の願いに寄り添わない、安倍首相に県民が不信を抱くのは当然だ。

e0260114_13241410.jpg


 感動したのは、中学3年生の相良倫子さんの詩の朗読だ。沖縄戦の悲惨さや平和の大切さを他人事でなく、未来を担う自分事として訴えた。生きる」の朗読だ。力強くて真っ直ぐで、感性豊か。 原稿を一度も見ないで力強く語った少女に、思わず感動の涙がこぼれた。本当に素晴らしかった!多くの方が共感したと思う。
[PR]
# by hasegawakaoru | 2018-06-27 13:26 | 平和
e0260114_1304915.jpg


 来年の参院選と統一地方選での躍進を勝ち取ろうと志位和夫委員長を迎えた日本共産党演説会が24日開かれました。司会進行役を私が担当しました。赤旗読者や支持者など1600人が参加し、ぐんま前橋市民文化会館大ホールは満席となり、第2会場まであふれ、熱気に包まれました。(写真は志位和夫委員長の訴えに聞き入る人たち)
 来賓あいさつで、角田義一・立憲民主党群馬県連合最高顧問(元参議院副議長)が「北朝鮮問題の志位委員長の見解はまったく同感だ」と述べ、「ぐんま市民連合へいわの風」の大川久美子共同代表が「共産党の努力なくして共闘はありえなかった」と語り、志位氏とがっちり握手を交わしました。
 伊藤たつや参院群馬選挙区予定候補、梅村さえこ参院比例予定候補(前衆院議員)が、市民と野党の共闘と党躍進で安倍暴走政治を止めようと呼びかけ、県議選で2議席を絶対確保し3議席を目指す伊藤ゆうじ、酒井ひろあき両県議、はせだ直之予定候補が決意を表明しました。

国政を私物化して恥じない安倍政権の退陣を求めて全力

 志位委員長は、内外情勢の大激動の中で光る日本共産党の値打ちを熱く語りました。「森友・加計問題」で、安倍首相のウソを暴く内部文書が党国会議員団に次々と寄せられるのは、安倍政権を厳しく追及する党への強い信頼があるからだと強調。終盤国会で疑惑の徹底解明とともに、悪法をまとめて廃案にし、安倍政権を退陣に追い込むために全力をつくすと表明しました。

更なる努力野党共闘の前進を

 市民と野党の共闘では、勝利まであと一歩と迫り安倍政権打倒の希望を示した新潟県知事選や、森友公文書改ざんなどを野党の協力・連携で認めさせた国会共闘の前進、憲法・原発・沖縄基地問題など国民運動の新しい共闘の発展にふれ、「野党が市民とともに大義の旗を掲げ、結束すれば安倍政権を倒せる」と力説。共闘の力で政治を変えることを貫いてきた党を強く大きくし躍進させることが「共闘を進める上でも貢献になる」と訴えました。

日本共産党の平和外交が朝鮮半島の劇的変化に貢献 

 平和外交の点で志位氏は、北朝鮮問題の平和的解決に向けて党が行った提唱や要請、安倍政権の圧力一辺倒の姿勢の中で「戦争を起こすな、対話による平和的解決を」と訴え続けた一貫した取り組みが、米朝首脳会談などで始まった歴史的な平和のプロセスへの貢献となったと指摘。「党が掲げる平和外交の方針が、野党共闘の力ともあいまって日本政府の外交方針となる日が来るよう頑張りたい」と述べると、会場から「そうだ」などの声援と大きな拍手がわき起こりました。

酒井県議の再選と県議会での共産党の3議席を必ず

 群馬県政では、47都道府県で唯一、子ども医療費で中学卒業まで入院・通院で自己負担なし、所得制限なし、窓口無料の三拍子そろった制度を実現するなど県民の願い実現のために大きな仕事をしてきた党県議団の値打ちを紹介。県制度としての学校給食無料化などの実現のため、酒井宏明県議など共産党3議席への躍進を訴えました。
[PR]
# by hasegawakaoru | 2018-06-27 13:03 | 近況報告
e0260114_20154671.jpg
 

 富士見町で共産党支部が開催した共産党を丸ごと理解していただく「集い」に、酒井宏明県議とともに出席した。
 手作りの昼食やデザートをおいしくいただいた後、私も挨拶。北朝鮮の金委員長とトランプ大統領の米朝首脳会談で、朝鮮半島の非核化と朝鮮戦争の終結などが合意されたことに触れ、安倍政権がいまだに憲法9条改悪に執念を燃やしていることを批判した。
 酒井県議は、開発優先の県政を告発し、福祉や教育優先の県政に転換を目指して、来年の県議選での再選に全力を尽くすと訴えた。その後、みんなで小池晃書記局長と落語家の立川談四楼さんとの政治対談のDVDを視聴し、国民や国会にウソをついて国政を私物化する安倍政権の総辞職を求めるため、野党共闘をもっと前に進めつつ、日本共産党の躍進のために力を合わせて頑張ろうと意思統一。
 18人の参加者もそれぞれいまの暮らしや政治変革への思いを、出し合いながら楽しく懇談した。
 最後に、私から、来年の県議選挙勝利と参議院選挙で比例で850万票、得票率15%、群馬県で14万票の獲得をめざす日本共産党への支援をお願いした。
 この集いで、後援会員の方二人が、日本共産党に快く入党された。みんなで歓迎して祝福した。
[PR]
# by hasegawakaoru | 2018-06-20 20:17 | 近況報告
e0260114_203095.png


 6月議会で平成32年度中のオープンをめざす上武道沿線、関根・田口地区の新「道の駅」の整備計画や日赤跡地のCCRC生涯活躍のまちづくりについて質問しました。

予算規模もわからず「道の駅」建設を推進して良いのか

 「新『道の駅』の計画は、県内最大規模で5㌶の川場村の田園プラザを超える7㌶の面積。人口が減り税収が減って市の財政状況が厳しい中での大型公共事業であり、過大な財政支出によって福祉施策などへのマイナス影響が懸念される。
 施行事業者に決定した(株)ヤマト・グループは施設整備費を30億円、15年間の運営費は35億円もかかると示しているが、事業者と市の負担割合は今後の協議で決めると説明している。また、駐車場や市道整備にかかわる国の補助金の交付見込み額もわからない。今年度、市はすでに約10億円の用地買収費を予算化しており、総額百億円にも達する大規模事業を、市の負担額もわからないままで進めてよいのか」と質問しました。
 市当局は「協議中の事業計画の内容が決まってから、民間事業者や国の負担額が決まるので、市の一般財源の負担額はわからない」と答えました。

観光か農業振興なのか事業の目的が分からない

 「市長は、新『道の駅』を最終目的地にしない。ショーウインドウのような『道の駅』にすると繰り返し述べている。施設内に、観光案内所を設置しても、車で立ち寄った観光客が赤城山に登ったり、市内の観光スポットを周遊して、他の所でもお金を落とすというイメージは浮かんでこない。道の駅の各店舗は、来場者が少し休憩してすぐに出発するのではなく、買い物や食事をして長時間滞在し、売り上げ額が伸びることを期待する。予定地は、利根川の清流も見えず、旅情もあまり感じられない。特産品も少ないので、田園プラザのように年間百万人もの集客は期待できない。にわかに、『道の駅』を前橋の観光開発の拠点にして、来場者が市内観光の出発地にするといっても無理がある。設置目的が観光にあるのか、農業や産業振興にあるのか、コンセプトが不明確」と指摘し答弁を求めました。
 市当局は「多品目の農産物も売り、観光振興にも役立つ取り組みの両方をめざす」と根拠なく答えました。

最終的な計画確定前に全庁的な検討を行い市民参加で見直しを

「そもそも、この4カ所目の『道の駅』は、市民要望による事業ではない。整備規模も設置場所も集客数・年間百万人も十分な根拠をもって決めたものではない。今後、15年にわたって安定的な経営が維持できるかもわからない。今後できる限り新規の公共施設整備は抑制するという市の方針にも反する。決して負の遺産とならないよう、基本計画とそれに基づく契約締結や土地収用法の事業申請前に、再度、市民参加で全庁的に検討し、規模縮小を含めて計画を修正すべき」と強く求めました。

日赤病院跡地のCCRC・生涯活躍のまちづくりも慎重に

 朝倉に移転した日赤病院の跡地の問題も質問しました。
「市当局は人口減少や高齢化に対応し、ピンチをチャンスに変える先導的・象徴的な事業と説明しながらCCRC事業を推進してきた。優先交渉権者に決定した大和ハウス工業が提案した東京圏から移住してくるリタイア層等々を受け入れる住宅は、1LDKや2LDKの賃貸住宅25戸だけ。市民と交流できる元気で意欲ある高齢者などの移住を呼び掛ける具体的な推進体制や対策も示されていない。3・8㌶の跡地のうち前橋市の所有地はわずか0・8㌶で2割。今年度、建物除却費を9億円。その半分は国が負担するが、残りの半分の前橋市の財政負担は余りにも過大。国が求める地方創生に貢献するCCRC事業と言いながら、結局、日赤跡地の利活用や売却、病院建物の除却など、本来は日赤病院がおこなうべき面倒な仕事を、前橋市が仲介する役割を果たしているに過ぎないのではないか」と指摘し見直しを求めました。
 さらに私は、「長年にわたって地域に根づいてきた日赤病院の移転跡地に、少なくとも診療所機能を残してほしいという近隣住民の要望に市は全力で応えるべき。敷地内に、市の夜間急病診療所を移転することが決まっているので、前橋市医師会との協議を行い、昼間の診療を行うべき」と求めました。
 当局は「診療所設置要望はに意識しているので、医師会などと協議したい」と答えました。

e0260114_20546100.jpg

[PR]
# by hasegawakaoru | 2018-06-20 20:06 | 市議会活動報告