日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 68歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru
e0260114_113367.jpg


 議会傍聴にお出かけください!

 第4回定例前橋市議会が4日から始まりました。4人の日本産党市議団は本会議総括質問では、7月の西日本豪雨被害を教訓に、集中豪雨の際の災害防止策や避難体制を充実させることを求めるとともに、猛暑対策として高齢者や低所得者へのエアコン設置補助の創設、地震で倒壊の恐れがある危険なブロック塀の改修支援策などを要求します。また、私は市役所の市民課窓口を経費削減目的で12月から㈱富士ゼロックスに委託する方針の撤回を求めます。市役所の窓口は、様々な個人情報も含む市民の相談の入り口になるだけに、正規職員が担うべきです。委託事業者は、不安定な低賃金労働者を雇用することが通例です。安定した雇用拡大に努力すべき市行政が、市の職員の人件費を行政改革と説明し、ワーキングプア―を増やすことは許せません。また、所属する教育福祉常任委員会では、市内の特別養護老人ホームの待機者1000人の支援策や徳陽の増設、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の質の向上を行政として支援することや、子育て支援策として小中学校の学校給食の完全無料化や教員の多忙解消のための30人学級や部活動の改善、入学準備金の支給前倒しなど就学援助制度の改善、扶助制度の活用を受給者に分かりやすく説明するなど生活保護制度の運用改善などを求めて質問します。いずれも、市民の切実な願いを代弁する質問です。ぜひ共産党市議団の質問のお聞きください。インターネットで本会議は同時中継をします。本会議も常任委員会も傍聴は自由です。議会傍聴をよろしくお願いします。
[PR]
# by hasegawakaoru | 2018-09-05 11:03 | 市議会活動報告
e0260114_10503163.jpg


巨額の費用をかけて建設したダムの多くは「洪水調節機能を果たさず」被害拡大~西日本豪雨災害の教訓

 日本共産党群馬県議団主催の公開研修会が8月31日に開催され共産党地方議員や市民等約100人が参加しました。
 今年7月の西日本豪雨では、死者行方不明者230人、負傷者400人、住宅被害は約5万世帯に及ぶ甚大な被害が発生しました。
 巨額の費用をかけてダム建設を推進する国や自治体の河川行政の転換を主張している元東京都職員の嶋津暉之氏と大熊孝新潟大学名誉教授が、『治水行政のあり方』について講演しました。
 両氏は、「今年の夏の西日本豪雨は未曽有の豪雨ではあるが、現在までの治山治水行政の誤りが被害の発生を激化させ、多くの人々の命を奪った。決して単に避けられない自然災害とはいえず、人災ともいえる」と強調しました。
その上で、今回は、①扇状地など危険な土地への宅地開発で土石流被害、②土石流量を正確に想定しない砂防ダムの決壊による被害、③ため池の決壊、④橋脚に流木がつまり上流部の堤防が決壊、⑤ダムの放流による氾濫等に整理されるが、いずれも大雨が降れば壊滅的な被害を受けることがあらかじめ想定される。国土交通省や県が有効な対策を先送りせず実施していれば十分被害を回避できたと強調しました。

巨額なダム建設ではなく河床の土砂の浚渫(しゅんせつ)と堤防の補強を

 ダムは本来は満杯になった後は、流入量をそのまま放流し、危機的状況が過ぎた後、貯水量を徐々に放流する事になっているが、今回の愛媛県の野呂川ダムや野村ダムではすぐに満杯となり大量の放流を行ったために下流で多くの死者や浸水被害が出ました。ダムの洪水調節機能がすぐに喪失したのです。吾妻渓谷をせき止める八ッ場ダムも5320億円もかけて建設されていますが、両氏は「川底に堆積している土砂の掘削・浚渫や堤防の補強の方が経費もかからないし、洪水防止効果が数10倍も高い。大手ゼネコンではなく地元建設業者の仕事発注も増える」と河川行政の転換を強調しました。

e0260114_10354683.jpg

西日本豪雨で堤防が決壊し大きな被害となった岡山県吉備町(7月)
[PR]
# by hasegawakaoru | 2018-09-05 10:51 | 市議会活動報告
e0260114_10271274.jpg


安倍自民・公明政権の下で、本土の沖縄化を促進・・・・

 10月1日から、東京の横田米軍基地に米軍の特殊作戦機(垂直離着陸輸送機)CV22オスプレイ10機が正式配備になることが発表されました。現在5機が常駐して訓練を開始し、4月以降、横田基地(東京都福生市など5市1町)で300回を超える離着陸訓練を行っています。大半が夕方から夜間に集中しており、午後9時台の着陸も珍しくありません。
 すでにわが物顔で居座っているのが実態です。国内外で墜落事故などが相次いでいるオスプレイの配備に対して、住民や自治体は強く反発し不安を募らせています。 
 このため、日米両政府はCV22に関する情報をひた隠しにし、なし崩し的に日本への配備計画を進めてきました。いま、横田には普天間基地(沖縄県宜野湾市)に配備されている米海兵隊のMV22オスプレイも頻繁に飛来。首都圏が沖縄と並ぶオスプレイの訓練拠点として強化されています。
危険な飛行訓練は、東京、埼玉だけでなく、群馬上空でもおこなわれ、7月5日、8月8・13・20・21・23日に飛来し、20日、23日には前橋市を含む群馬県上空を縦断して、青森県の三沢基地と横田基地を往復しています。これらは事前通告もなく、傍若無人ぶりが際立っています。
 
e0260114_102613.jpg


酒井宏明県議も飛行中止を求めて県に申し入れ

 CV22オスプレイは米陸軍の特殊作戦をおこなう部隊で、夜間・低空飛行などで敵地の奥深く潜入して任務を果たすことなどを任務としています。病院、学校の上空は飛行しないという日米合意は無視され続けています。『安全面に考慮されている』という政府説明も信用できません。自衛隊もオスプレイ17機を購入し佐賀空港に配備しようとしています。構造的欠陥が指摘されているオスプレイはいつ墜落するか分かりません。命と生活を犠牲にした配備は許せません。
 酒井宏明県議も、安保破棄群馬県実行委員会(会長・吉村俊弁護士)とともに、9月2~3日に榛東村の自衛隊相馬原演習場でおこなう日米合同訓練の中止とオスプレイの飛行・配備の中止を求めて群馬県に要請しました。県当局は「防衛省に要請内容は伝える」と答弁しました。前橋でも「オスプレイの横田配備の中止を、前橋上空を飛ぶな、米軍は日本の法律を守れ」の運動を広げましょう。 
[PR]
# by hasegawakaoru | 2018-09-05 10:27 | 平和
 
e0260114_2093789.jpg

 
 まだまだ倒れそうになる暑い日が続いている。いつになったら涼しくなるのか…。
前橋市の消防局に聞くと、今年は熱中症で救急搬送した人が去年の3倍に上っているそうだ。「命の危険もあるので外出を控えるように」とテレビの気象予報士が忠告しているが、それはエアコンがある家庭の話。今年の夏は多くの方から、「エアコンを付けたいがまとまったお金がないので支援制度はないか」という相談を受けた。生活保護世帯は今年の4月以降開始した人。それ以前の方は社協からの貸付制度だけ。生活保護の方は市が保証人になるので7~8万円の貸し付けがすぐ受けられる。 でも、生活保護を受けていない世帯は、連帯保証人や分割返済可能な人だけ貸し付け対象。
 異常気象は地球温暖化が原因。来年も猛暑は続くので、エアコンの必要なすべての市民への支援策を創設するように市長に強く求めている。
 
 
 
[PR]
# by hasegawakaoru | 2018-09-01 20:11 | 市議会活動報告
e0260114_2043323.png


鳥取県や大阪市が民間ブロック塀撤去を支援 
 6月の大阪北部地震で震度6弱を観測した地震による小学校のブロック塀の倒壊事故を踏まえ、鳥取県は民間のブロック塀の撤去や改修を支援する制度を創設します。最大で20万円を助成する仕組みで、県とともに費用負担する市町村と協議して9月県議会に関連予算を提案します。
県が県道沿いを緊急点検したところ、10日までに民有地にあるブロック塀99カ所で危険箇所が見つかり、ひび割れや傾斜などの劣化が発生している塀が大半を占め、2.2メートルの高さ制限を超える塀も8カ所で見つかりました。市道沿いの危険ブロックも支援対象とするそうです。
 大阪市は、民間が所有するブロック塀の撤去・改修費用の半額を補助する制度を7月から開始しました。子どもの背丈を考慮して高さ80センチ以上のブロック塀が対象で、軽量フェンスなどへの転換を促します。補助額の上限は40万円です。
 人口規模がほぼ同じ、隣県の宇都宮市も民間のブロック塀改修支援事業を開始しています。

通学路の危険ブロックの改修を計画的に
 私は21日の教育福祉常任委員会で、「地震の発生は予測できない。計画通り小中学校の全ての危険なブロック塀の改修を促進して安全なフェンスにすることは当然必要だが、子どもたちの通学路にも民間住宅の危険なブロック塀もある。当面は通学路の変更をして安全を確保するとともに、様々な事情で経費がかかる塀の改修を決断できない方もいる。安全確保のためにも市として民間のブロック塀の改修を支援すべき」と求めました。
 市当局は「通学路の安全対策は重要な課題。検討する」と答弁しました。
[PR]
# by hasegawakaoru | 2018-09-01 20:04 | 市議会活動報告