日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru
県下の自治体は積極的な平和行政を展開

e0260114_15145981.jpg


 糸満市の平和祈念公園の中にある沖縄県直営の平和祈念資料館で職員から説明を受けました。本土決戦を遅らせるための「捨石」にされた沖縄戦では、20数万人という犠牲者を出しました。犠牲者の数は軍人よりも一般人が上回りました。追い詰められて自殺した方、飢えに苦しみ、マラリアに苦しみそのまま亡くなった方、日本軍の巻き添えになって殺された方。戦争の残酷さと平和の尊さを民衆の視点から訴えるという主旨で、沖縄戦に関するさまざまな資料を展示していました。2階の常設展示場は、「沖縄戦への道」「鉄の暴風」「地獄の戦場」「証言」「太平洋の要石」の5つの展示室に分かれ、未来を展望するゾーンとして、1階には子ども対象の展示室がありました。1階の利用は無料です。入場から徐々に重くのしかかる第二次世界大戦下の沖縄の悲惨な記録の数々。アメリカ占領下、逞しく生き抜いた沖縄の人々の生活史。職員の説明を受けながらの見学が終わり、出口を出てそこに広がるのは、戦争犠牲者を追悼する「平和の礎」と紺碧に染まる広大な海と空の雄大な光景に、「二度と戦争を繰り返してはならない」ということを改めて考えさせられました。

  基地の重圧に苦しむ沖縄県民

e0260114_15153883.jpg


 沖縄に駐留する米軍は陸、海、空、海兵隊の四軍の軍人、軍属、その家族を合わせると4万5千人。6割が地球のどこの紛争地にも出撃するなぐり込み部隊の海兵隊です。人口120万人の沖縄に日本の四分の三の米軍基地が集中し、その面積は沖縄県の約一割を占めています。
 命や人権とは相反する殺人の訓練を日常受けている彼らは正常な人間の神経がマヒさせられて、放火、ひき逃げ、交通事故、レイプ、強盗、住居不法侵入など沖縄県民に対する米兵犯罪は後を絶たちません。航空機の生活を脅かす騒音や重大な墜落事故も頻繁に発生しています。沖縄の地元紙に海兵隊員が引き起こす事件の記事が載らない日はほとんど無いとまで言われています。             
 そして、新たに世界一危険な普天間基地の無条件撤去の願いに日米政府が背を向けて、名護市辺野古の海上基地計画はさらに沖縄県民への基地の重圧を背負わせることになるのです。
 
 沖縄の自治体が力を入れて整備している博物館職員や平和祈念資料館職員との対話で、戦後半世紀上にわたって米軍基地の重圧に苦しんできた沖縄県民が米軍基地からの真の解放を願っていることが、よく分かりました。

 当時のまま保存されている 糸数壕を見学
e0260114_15163765.jpg

 南城市糸数にある全長約270mの自然の壕。600名近くの傷病兵で埋め尽くされていたそうです。傷病兵の治療も薬品等の不足にてままならず、麻酔せずに手足を切り落とすこともあったそうです。5月下旬撤退命令により、自力では歩行できない傷病兵は毒薬を盛られ、叉は置き去りにされました。   その後、壕に残った敗残兵や住民等の壕内での避難生活は8月下旬まで続きました。戦況の趨勢が決したのちも、投降の呼びかけには応ぜず(応じれば敗残兵に殺害される)、米軍は黄燐爆弾や火炎放射等攻撃を行いました。現在も火炎放射の黒焦げの跡、及び爆風の跡等もありました。
[PR]
# by hasegawakaoru | 2014-02-12 14:29 | 市議会活動報告
来春の県議会選挙での酒井宏明党県議の再選・必勝を決意し合う

e0260114_1585979.jpg


 毎年恒例の前橋北部・日本共産党後援会の『新春の集い』が2日、荒牧公民館で開催され120名が参加し、交流を深めました。
後援会を代表して白井巧一弁護士が「平和と暮らしを脅かす安倍政権の悪政をやめさせるためにも力を合わせましょう」と挨拶。
続いて、酒井宏明県議が「開発優先の県政の下で、県民の福祉が後回しにされている。高崎競馬場跡地の巨大コンベンション施設建設計画もやめさせたい。来春の県議選挙で再選を勝ち取るために全力で頑張りぬく」と決意表明しました。
長谷川薫市議は「4期目の当選以来1年間、公約実現に全力を上げてきた。新清掃工場建設計画を中止させ3清掃工場を延命化させ、富士見地区のデマンド交通や市立美術館(アーツ前橋)の開館などを実現した。今後も、特養老人施設の増設や高すぎる介護負担や国保税の引き下げ、教育の充実など、市民の切実な願い実現に全力を上げる。安倍政権の悪政と真正面から立ち向かう日本共産党の党勢倍加運動と世代継承のためにも力を貸して頂きたい」と訴えました。
 その後、富士見ハーモニカクラブの演奏や新日本婦人の会のピースコーラス(写真)、日輪寺町の品川進さんの民謡、南橘婦人クラブの踊り、青柳町の小池さんのギターの弾き語りや中山さんのホルン演奏など多彩な余興を楽しみ、親しく懇談しました。
 最後に、「東京都知事選挙の宇都宮けんじ候補の勝利のために知人・親戚に支援を呼びかけよう」と確認し合いました。

e0260114_1594098.jpg

[PR]
# by hasegawakaoru | 2014-02-03 15:09 | 近況報告
開設計画売場に隣接する「みずき野団地」住民の反対の声を尊重すべき!

e0260114_22171820.jpg
 
 NFCが開設を勧めている競輪の場外車券売場の開設計画に反対する市民運動組織「ガーデン前橋への場外車券売場開設に反対する市民の会」(代表者・井野保彦氏)は10名が参加し30日、681名の開設反対署名を山本龍前橋市長に提出しました。市当局は、細野副市長と中林前橋競輪所長と稲田秘書課長が出席しました。日本共産党市議団は、私をはじめ3名が同席しました。
 すでに㈱NFCは、地元の説明会を昨年末に開催し、地元3町の自治会長の同意を取り付けたとして、経済産業省に数日後には場外売場の設置認可の申請を提出しようとしています。

 市民の会は、「開設計画場所に隣接するみずき野団地の住民の大部分の方が、平穏な生活が脅かされる。安心して子育てできなくなる。交通事故が不安」、「自治会が同意したと判断しているが、自治会長個人の判断ではないか。地域住民の多くが反対しているのに合意するのは民主主義のルールにも反しているのではないか』、「360日も場外売場を開設して車券を販売しても、前橋市の年間収入はわずか2500万円程度。青少年の健全育成にも逆行するギャンブル施設をショッピングモールに開設しないでほしい」と訴えました。

 最後に、「少なくとも多くの住民が反対している隣接のみずき野住宅団地住民対象の説明会を前橋市と㈱NFCで緊急に開催し、地元合意があるのかどうか確認して欲しい」と求めました。
 
 市当局は「陳情の趣旨を市長に伝える」と述べるだけで、具体的な答弁はしませんでした。
私は、多くの住民が反対しているにもかかわらず、ギャンブル施設の増設を行政が放任することは許せないと痛感するとともに、ギャンブル依存症や家庭崩壊を招きかねない公営ギャンブルの廃止についても真剣に考える時期に来ていると思いました。

[PR]
# by hasegawakaoru | 2014-01-30 22:43 | 市議会活動報告

富士見地区の住民運動組織が市長に陳情

e0260114_21133349.jpg

 富士見地区の循環バスの運行改善を求める会(代表・下田嘉丈氏)は22日、昨年末から運行が正式に開始された富士見地区内のデマンド交通に続いて、富士見地区住民を対象に3月から2ヶ月間実施するデマンド方式の社会実験の利用料金等の変更を求めて、市長に陳情しました。(左の写真)市当局は、藤井交通政策課長が対応しました。陳情内容は以下のとおりです。


市長の公約とは大きくかけ離れた運行内容


 山本市長は2年前の市長選挙で「市内どこでも、2百円で行けるデマンド方式のバスを運行する」と公約されました。ところが、社会実験では使用者が負担する通常のタクシー代金に1回あたり500円を助成するというもの。これではたとえば富士見町小沢から日赤病院までの料金は片道3270円。往復6540円。100円の助成してもらっても、5540円は利用者が負担しなければならない。さらに医療費がかかるので、実際にデマンド交通の利用が切実となっている大部分の低所得の高齢者には、負担が重過ぎて利用できない。たとえば、片道500円程度で利用できる料金に改めて欲しい。


 ▼当局答弁~公約はしたが、路線バスやタクシー事業者や軌道交通(JR・上電)などの既存事業者と共存共栄できなければならないので、500円助成となった。乗り合わせによる料金の負担軽減を図って欲しい。


運行エリアを「市中心部」に限定しないで


 富士見から行ける地域を社会実験では本庁管内に限定している。しかし、市民生活は広域化・多様化しており運行エリアを限定すれば、通院や買物先も限定される。たとえば富士見住民の多くが日常的に利用している荻窪町の「あいのやまの湯」や亀泉町の県立心臓血管センターにも済生会病院や協立病院にも行けないことになる。社会実験と言えども、エリアを限定せずに文字通り全市デマンドを実現して欲しい。


 ▼当局答弁~社会実験では地域を限定したが、利用結果を踏まえて、今後全市域でのデマンド交通を実現するときにはエリアをどのようにするか考えたい。


社会実験期間を2ヶ月に限定せず延長して欲しい


 社会実験では75才以上の方や65歳以上で運転免許証のない方が登録して利用することとなる。社会実験の内容を住民に周知する点でも、実際に住民が利用した場合のあれこれの要望を広く把握するうえでも周知期間も実施機関も短すぎる。せっかくの社会実験なので、もっと住民に寄り添い要望を十分汲み取って実施してほしい。


 ▼当局答弁~自治会や老人会・市広報とあわせて全世帯に案内チラシを配布し周知したい。社会実験は2ヶ月の予算を計上し実施することとした。


デマンド交通の予算を十分確保し、低料金で早期運行実現を 


 前橋市の赤字バス路線維持のための年間予算は約3億円です。一方、市内で10箇所余も同時施行している区画整理事業の予算は年間70億を超えています。

 市民の高齢化が進行する中で、タクシーのように電話で呼び出して、200~500円の低料金で市内どこにでも行ける交通弱者対象の交通手段を整備することは、行政の重要な施策となっています。予算を増やして公約どおり低料金の全市デマンド交通を早期に実現すべきです。
 高齢者が家に閉じこもらず外出できて、病気の時に重症化する前に早期に病院に通ったり、必要な生活必需品をいつでも買えれば、高齢者も自立して元気に暮らせるようになります。結果として市は、医療給付費や介護給付費の支出を減らせます。事業を委託することとなるタクシー事業者に十分な委託費を支払えば、施策への理解が得られて『共存共栄』できるのではないでしょうか。

 


[PR]
# by hasegawakaoru | 2014-01-30 21:20 | 市議会活動報告
復興特別税と消費税8%増税が重なる時期に、なぜ「ぐんま緑の県民税」課税か?

 群馬県は新年度から、昨年の2月の県議会で可決した条例にもとづいて、森林環境税・「ぐんま緑の県民税」を県民から徴収します。

e0260114_2213454.jpg

 
 日本共産党県議団は、「今日の森林荒廃を招いたのは、外国産木材を大量輸入して、国内林業を衰退させた国や県の林業政策の失政に原因がある。県民に課税しなくても群馬県の平成25年の当初予算は年間6663億円。大規模道路など公共事業優先の予算を組み替えれば、森林保全予算は十分確保できる」と課税に反対しましたが、他の会派の賛成で導入が決定されたものです。

 私は22日の市議会総務常任委員会で、「県の事務委託を受けて前橋市が市民税と合わせて県民税に上乗せして徴収することになるが、今年の4月からは消費税が8%に増税され、東日本大震災に伴う復興特別税千円も賦課される。ぐんま緑の県民税700円と合わせた個人の県民税均等割り額は、これまでの1000円が2200円に増税される。安中市長は、緑の県民税の徴収事務を拒否している。所得減少が続くなかで今回の新たな課税をどのように考えているのか。少なくとも低所得者への課税を独自に免除することを検討すべき」と市当局の見解を求めました。

 市財務部長は「県議会が有識者の意見も聴取して決定したので徴収に協力したい。市独自の低所得者軽減は考えていない」と表明しました。私は「高規格の道路などの公共事業を減らせば、緑の県民税で徴収する全県で年間8億円(前橋市で約1億円)は生み出せる。すでに市民の税負担は限界。住民税非課税世帯は均等割り課税で容赦なく納税を強制される。森林保全を否定しないが、少なくとも5年間の時限条令なので、延長しないように県に強く求めるべき」と要望しました。
[PR]
# by hasegawakaoru | 2014-01-22 22:13 | 市議会活動報告